Browsing Tag

浄化

しごとの備忘録

セラピストのためのセラピスト、松永まいです。

はじめまして。改めましてセラピストのためのセラピスト、松永まいです。上の猫は実家のきなことあずき。デブ。きなこちゃんはだっこさせてくれる。   わたしがセラピストとして活動をはじめたのは、2015年になるので約4年になるのだけど、今年の春はいろんな意味でセラピスト人生が大きく一周した気分で 今月は、ひさびさに本当、スタート地点に立っているみたいなきもちで さて。これからどうしていこうとい […]…

セラピスト向け 実用-practical

追体験という癒し

  癒し用語に、追体験という言葉があります。 なにか傷を追ったりとか、辛い出来事があったときにそれがこころに刻まれてしまったときに いろいろ癒す方法というのがあって、その中の一つ。   これは結局どういうことかというと、   嫌だった出来事をもう一回当時に実際に戻って、嫌だった体験をわざわざ体験してくる(笑) というタイムマシーン的発想のことを言います。   […]…

キオスクニネ(shop) セッションの情報

このひと瓶に託す痛み。(AYUREアユーアセッション)

カウンセリングつきバスソルト”アユーア”(世界で一個の香り) https://ameblo.jp/kiosknene/entry-12431167026.html   オリジナルバスソルトの、カウンセリングつきセッションについての記事を キオスクにねブログにアップしました。(^^)   香りをつくるのが、料理の延長であるというはなしなど。ぜひぜひ読んでね。   &nb […]…

感情の解放 本来のしくみ

感情はかわいいやつ3

(最近、すっぴんで可愛くないと落ち込んだ時に試しに「ブス」じゃなくて「かっこいいイケメン」だと思ったらどうだろうと試したら意外に成功したやつ↑)     最後、イカずに寸止め   最後、イカずに寸止め これは2017年に感情の解放についていただいた質問への回答ですが、感情を解放しようとして最後ふっと冷めたようになってしまった状態について説明してます。 よければ参考にし […]…

感情の解放 本来のしくみ

感情はかわいいやつ1

感情というのは、その全貌やら仕組み、意味やら理屈を知らないと、 非常に扱いに困るやっかいものとして 腫れ物のようにこわごわ扱われがちです。 わたしが、「愛」と並んで長らくセラピストとして中心に扱ってきたのが、まさにその「感情」。 「感情」というのは非常に3次元的な存在なので、癒しが進むと確かに減っていきます。 減りますが、あくまでもこの人間の世界に身体をもって生きる限り それに溺れて振り回されてげ […]…

キオスクニネ(shop)

感情ケアのための香りブレンドご紹介

  因みに、怒り爆発のときは、 CALM extract (怒り鎮静) バスソルト がオススメ 細胞一つ一つの怒りを浄化させたくて、 昨夜はお風呂に↑コレを入れました♪ 最近まい氏のバスソルトが私の癒し 謝罪 のチカラ https://ameblo.jp/ayux301/entry-12415797680.html 元記事Ayukoさんブログより     ○ キオスク […]…

ご感想/コメント 感情の解放

自分が何を感じているか、が感じ取れること。

    自分の感情と時差なく繋がっている状態というのはとても大事。 自分が何を感じているか?   をひとは、当たり前に感じているものだとそう「頭で考え」ますが、 実際すなおに感情を感じ取れなくて、苦しいとわからない、 こじれてしまっている人も多いです。   「悲しい時に悲しいと感じられる」という、とてもシンプルなこと。 賢くなるにつれて、できなくなっていく。 […]…