Browsing Tag

怒り

キオスクニネ(shop)

受けとり上手は、ありがとう上手

依存と委ねるの違い。受け取る=感謝=自覚 さいきんおりがみにはまってる年長さん。 たくさんプレゼントをくれる。 メールカウンセリングのご相談で、なにかをしてもらったり受け取ると、ガチでお返しについて思い悩んで、手ぶらで貰うのも罪悪感、何か返すのもがんじがらめになってしまう、というテーマがありました。   よく、「ありがとう」「ありがとう」と唱えましょうと言ったり、「愛と感謝」がキーワード […]…

07/13/2020
癒し/スピリチュアル まめちしき

許せない自分を許さないメリット(罪悪感からの解放)

2018年5月22日分再投稿 おうおうにして、他人を許すよりも自分を許すことのほうが難しい場合は多いですね。 「許す」という概念はとても広くて、たくさんの場面やたくさんの次元で、それは癒しにかかせなくなってくる。チャックスペザーノ的にいえば、 「許し」というのはとても実用的で現実的な「愛」の使い方である。   大好きな概念。   さて最終的には、とりあえず他人だろうが自分だろう […]…

04/27/2020
キオスクニネ(shop) 女神の告白室-the room Lilac

誰かを傷つけたい衝動は、自分へ向いている

  こんにちは またあした 女神の告白室はこちらからどうぞ。今日あったことやご相談、記事のご感想やコメントなどなんでも投稿お待ちしています。       女神の告白室には、ほとんど私あての個人的な恨みがくることはないんだけど、一度だけ、 とっても苦しそうな、気品のかけらもない 「松永まい、消えろ」   みたいなメッセージが届いたことがあった。 &n […]…

01/13/2020
実用-practical 癒し/スピリチュアル まめちしき

許しとは、自分が広がること

どうしてもこれだけは許せないんだ、 絶対に受け入れることができない出来事、 いろいろあると思うんだけど   それをほんとの意味で解放すると決めた時って   なんていうか、 その相手を死にものぐるいで許すとか、 その相手に全力の愛を注ぐとか、   そういう感じじゃなくてね   もうすこし、自分を超える感覚に近いんだ。   それは、絶対に絶対に超えられ […]…

07/17/2019
ひとりごと 実用-practical

それが許せない理由は、いつも1個なのです

なにかが許せないときって、なにかが許せないんじゃなくて、 自分がまた傷つくことがイヤなんだよね。   どんどん、幸せの塔を高くすることばかり追いかける世界に逆行するように、 とにかく傷を癒すこと、いらないものを削ぐことに目を向けなさい と私が言い続けるのには そういった理由があって   なにかを頑張って許しなさい、とか 愛しなさい、 とか   そんなのにはほとんど意味 […]…

07/13/2019
実用-practical

その人を見定める基準(波動の高さとか)

先生とか、なにかの活動をしている人とか、リーダーみたいな人を選ぶときに、選ぶ基準として、その人がどのくらい怒っているかを見るといいと思いました。 たとえば、動物愛護の活動をしている人がいたとして、 動物の命をむげに扱うことに憤慨している人は、活動レベルてきには高くても、波動的には低い。 逆に、動物の命をむげに扱う人間のエゴについて、それを受け入れていつつも、命の大切さを深くから伝えたくて活動してい […]…

05/14/2019
実用-practical 高次元/スピリチュアル

表層1ミリの、その下に。

誰かに何かを思われたりとか、言われたりだとか、こう感じられたらシャクだとか。 そういう風に思うから、自分が自然な欲求のままに生きることができなくなる人がいる。   誰かに何かを思われなければ、きっとわたしはこんな風に話すだろう、とか 誰かに見られていなければ、きっとわたしはこんな仕事をしているだろうとか。 それには、もっと小さな、日常てきな習慣も含まれていて、たとえば「わたしは緑色のリン […]…

05/14/2019