Browsing Tag

依存

癒し/スピリチュアル まめちしき

自立のこと

  ひとりでは、できない。 とひとはそう思う。   ひとりでは、生きていけない。   わたしたちは、そう思う。       でも、それを、越えてゆく。   不完全なままで、   いまこの瞬間に、「ひとりなんだ」     ということが、初めて受け入れられる時     わたしたちは、 […]…

ひとりごと 松永について

幸せになってほしいというエゴ

    ”わたしはこんなエゴとともに、仕事をしている。” 2016年8月27日分再投稿です〜   数日前の、「わたしを突き動かすもの 1/2」 と重複する部分がありますが、感情の解放の初期の段階の、一番思考が抵抗をする うんこのときはですね、みなさん同じ反応が出るのですよ。 一番きつい場所なのです。   それさえ越えればあと楽になります。   &n […]…

キオスクニネ(shop)

Tears Cheers メモ ティアーズチアーズ<失恋用の香り>

お医者さんでいうというところの、いろんな病気みてきてるけど とくにこの難病の第一人者ですよ みたいな。   この病気なら●●県の▲▲病院の■■先生に聞け!!!   みたいなやつ。   こころにも本当にいろんな症状というか キーワードがあって、それについて日々研究を重ねてるわけなんだけども   そんなかででもやはり、「失恋」でできるときの傷に関しては 第一人者 […]…

しごとの備忘録 ひとりごと

過去を化石にするか、笑うか

色々思う事はあるけど、まだいやされきってない過去というのは 持ち出すときに確かに神妙になるものだよね。   なにかのはずみにパチンと弾けたら、 もしかしたら自分でも忘れていた傷がぶわっと表に出て取り返しのつかないことになるんじゃないかって おもうと、おそるおそる腫れ物を扱うようにして 口にしたりしないといけなくて   たいていは人に話すことも思い出すことも嫌だったりするもの。 […]…

ひとりごと 実用-practical

正しさってほんとうに無意味よー。

なんていうか、自分の経験や知識から、真実と思えるものに対して 心から誠実に言葉を吐く時は もちろん自分が「正しい」と思っていることを真正面からぶつけるわけなので、 相手からしてみたら 「まいさんが全て正しいというわけではない」 と感じるのも当然のことだよ。   共依存のほぼ記憶障害の状態の人間に、 「自分と向き合ってどうにかなる時と、自分の力ではどうにもならないことがある」 と真っ向から […]…

セラピスト向け 実用-practical

【被害者は自分を傷つける天才的な加害者である】

暴力、いじめ、共依存、DV、虐待 【被害者は自分を傷つける天才的な加害者である】   暴力をふるわれる、いじめられる、レイプされる、脅される、虐待される、などの感覚が、抜けずに別の相手から繰り返し起こる場合。 常に傷つけてくる人がいて、自分がいつも被害者のような感覚がするひともです。   これが実は自作自演劇場だってことに気づかないと、残念ながら延々続きます。 他人や世界を使っ […]…