Browsing Tag

与える

女神の告白室-the room Lilac

犠牲が愛に変わるまで。

女神の告白室はこちらからどうぞ。今日あったことやご相談、記事のご感想やコメントなどなんでも投稿お待ちしています。       人が嫌だと思う事を引き受けたり、ある種、犠牲になるとうことと 弱き人たちにまで愛情を注いで見返りが無く、むしろ噛まれる恐れのある状態。 は無茶苦茶似ている。 私が犠牲にならないと、この場を抜けられない。 という状況が起こる場面に弱き人がいないわ […]…

しごとの備忘録

受け取る性質のひとと与える性質のひと

  元々が受けとる性質のひとは、奪いがち。 元々が与える性質のひとは、犠牲になりがち。   そのとき 受けとるひとは、罪悪感という借金をかかえることになって、 与えるひとは、怒りという借金をかかえることになる。     どちらも傷つけ傷ついてしまうから、 受けとる性質のひとは、与えること。 与える性質のひとは、受け取ること。     それ […]…

実用-practical 癒し/スピリチュアル まめちしき

「愛を与えにいく」とは…

      ワークなんかで「許す」とか「手放す」のような根深い感情を昇華させるときに上がってくるキーワードとして、 (キーワードというかは”態度”かな…) 「愛を与える」というのが今回出ました。   「愛」自体が抽象的な上に、「与える」もじつに漠然としていて、 はい、「愛を与える」と言われても一体。 と思われるのも当然だとおもいます。   […]…

セラピスト向け

誰かを助けたかったら。-見極め

  誰かを助けたかったら、見極めること。   それは、こちらの力量や経験に関係なく、 本人が助かる・変わる・癒やされる気持ちが無い限り それは両者ともに痛手を負う。     自分を過信することや、どこまでが愛で、 どこまでが不純かの見極めや、 相手がきっと自分にとって特別で重要で 癒やすべき存在なのだと思い込むことをまず辞めて、それからでも遅くない。 &nb […]…

しごとの備忘録 ひとりごと

”いつもありがとう。”

  泣いて泣いて泣いて泣いて泣いた二週間だった。 やっと出口が見えてきて、ほっとする。   また人間不信になって、心を閉ざしてしまいそうになる出来事 信じてたものがガラガラと音を立てて崩れた。   どこを見渡しても、わたしを助けてくれそうな心地いい結論は見当たらなくて ギリギリの場所で踏みとどまることに必死で   気を緩めた瞬間に足元をすくわれそうだったので […]…

22のワーク セラピスト養成講座SHP

3つの不満を、消す方法。(癒しのワークの話)

「あなたを信じています。」というギフト 古い記事ですね2016年春。   ご無沙汰しています。スピリチュアルセラピスト松永まいでございます。 更新が滞っておりすみません。 怒涛の9月、SNSに走り書きでメモをしながら何とか山場を越えたあたりで 明日スリスハッチ用にワークの準備をしております。   お知らせやご報告など山積みな感じがしますが、おいおい。   さて、明日四 […]…