Browsing Tag

セラピスト

すきなもの/こと 実用-practical

原点に戻る(わたしが影響を受けたセラピスト)

わたしが20代から影響を受けてきているセラピストにチャックスペザーノというハワイの心理学者の方がいて、最近はだいぶ自分の中に落とし込まれてきた感じもあって あんまり本を読んだりしてないんですが 20代の頃はそれはもう、なにかあるたびに 傷つくならばそれは愛ではない のページをめくり続けました。     めくり続けたのはいいんだけど、ほとんど何が書いてあるのか 理解できなかった当 […]…

ご感想/コメント ひとりごと

人間の舞台裏

https://note.mu/maisonfuruta/n/n4d24d3c43bca   心理セラピストの友人によると 言葉は発信する側より よっぽど受け止める側の心情で。 人になにかを言われて ヒリヒリ、ザワザワしたり 怒ったり、嬉しかったりするのは 受け手の中に既にあった部分に響いていて ほとんどは、発言した側の問題ではない。 というか、発信した側のせいで揺らいでいるわけではない […]…

セラピスト向け 実用-practical

プロとして、依存させない。2

プロとして、依存させない。さっきの続き。     2、クライアントとの線の引くときに起こる恐れを見ていく   1で書いたように、その関係から男女関係や依存を抜いたら、何を失うことになるか?じりじり見ていきましょう。   健全な関係以上の依存が発生してる場合、それを利用してほんとうの目的をつなぎ止めている可能性大。   さっきのケースは「お金」と書い […]…

セラピスト向け 実用-practical

プロとして、依存させない。

クライアントとの関係性や距離感の話を。 セラピスト、カウンセラー、ヒーラー、コーチ、トレーナー、住宅販売営業wなどなど クライアントと普段関係を築いていくお仕事をされている方へ。   さてカウンリングなどする仕事の中で、クライアントのかなりパーソナルな部分と接する仕事の場合、非常に簡単に「依存状態」は起こります。   「他の人に見せてない特別な部分」をさらけ出す安心感から、それ […]…

しごとの備忘録 ひとりごと

セラピストのためのセラピスト。

  誰かが、どんどん癒されていく様を目の前で見ていてふと その人が、当たり前にその人本来の姿に戻った時、 最後、何事もなかったかのように、わたしの存在など、完全に忘れているくらいに自然にそこに居てくれたら それが、私の仕事が成功したということだと思った。       ”セラピストのためのセラピスト。”   ようやくそれを、受け入れた2日前。 &nb […]…

愛をこわがらない◎

    愛という名のマイです。   そういえば「愛」という言葉を、臆せずつかう人がいるなあとそう思った。 ていうか、その代表は自分なので 自分にとっては、例えば文面の最後に「愛を込めて」とかつけるのとか、 嬉々として「愛してる♡」ということは すごくナチュラルな愛情表現で、表面的でもなんでもないんだけど   私の場合は、外国で暮らした時期が長かったので、英語 […]…

この場所について。 しごとの備忘録

ただ、はなしを聴くという難しさ。

ただ、はなしを聴く、ということがどういうことか。 今日はそれを、自分の身をもって、体感させてもらった日だった。     わたしは、日々、ひとのはなしを聴いている。 それが、どれほど絶望的であっても、どれほど支離滅裂だったとしても、 どれほど複雑な様相をみせていたとしても。   ただ、黙って、聴く。     聴く、という作業には、ジャッジが入ることが […]…