Browsing Category

しごとの備忘録

しごとの備忘録

おわりは、はじまり

  これは、いつか、にね、というブランドを作りたいとわたしがロゴをつくってもらったときに、友人が色を塗ってくれた原画。 あのときはまだ、わたしは絵を描いていなくて、その先の未来になにが待ち受けてるかもまったくしらなかった。       いろいろ節目後のスタート。 キオスクのミーティングが無事に終わって、「これから」をすり合わせた。 本当に豊かで、本当に愛のあ […]…

しごとの備忘録 ひとりごと

書くことなど

書くことに、死ぬほど苦しみ続けた時間を抜けたあと、それなりな節度ある距離を保って、書かずにきたとおもう。 息を吸って吐くように書いていた時期が止まったとき、書かないことは私にとってただ死んだように生きろと言われているようだったからら、毎回書けなくなるたびに拷問のようだったけれど。 潔く、それで苦しむことをまず辞めようと思ったことで、わたしはかろうじて、「書かず」に生きてこれたのだ。 ともちゃんとい […]…

しごとの備忘録

修行だけど、まあしょうがないわね〜

    ”その苦しみと、絶望と、これから” 次元が少し上がった場所で体験していく絶望の話ですが、 それぞれ絶望にも次元の違う絶望があって、主に「乗り越えていくときのモチベーション」がそれぞれいろんなパターンがあります。 たとえば、 ・もはや乗り越えるモチベーションもクソも、何一つ動く気力もでなくて意気消沈している感じの絶望→じっとしてひたすら待っていたら自然ととりあえず抜けた […]…

しごとの備忘録

絶望各種揃えてますシリーズ

週末福井の恐竜博物館に行ってきた✨ 楽しかった😍       ALL is good -オールイズグッド-大丈夫 キオスクにねの、影の看板商品オールイズグッド、別名絶望ブレンドですが、 「絶望」を制するものは全てを制す (って誰がいったんか知らんけど) ↑最近好きな、誰か-2020 格言シリーズ😁   とわたしは […]…

The gift -ギフト しごとの備忘録

“Invisible” - That’s all we have.

Invisible メッセージ   There is nothing. Nothing is special. That’s all we have.   目に見える全てを一度、目を閉じて、 そしてそこには何もないことが見えたとき そこに、すべての「在る」が有るとわかる。   空と愛を込めて   Mai       […]…

しごとの備忘録 ひとりごと

この世界と向こうの世界の間に

3次元と、高次元の架け橋になるということは、 どちらのことも理解し尽くしていなければいけないということだ。 高い次元に向かっていきたいひとたちを導くには、3次元の仕組みや、その場所で何が起こっているのかを、3次元の言葉で説明することができなければいけない。   高次元で生きるということは、そもそもほとんど言語化ができない概念を生きるということであって、言葉を越えた世界について、3次元にそ […]…

しごとの備忘録

ジェットラグ

夕に、気付いたら眠っていることは特に珍しいことではなくて、眠たいときに眠る。と決めている稀有でありがたい人生の上を裸足で歩いている私にとって、目が覚めたのが息子の保育園の時間が終わる少し前だったことも、とりたてて変わったことではなかった。 ソファで横になったときに部屋の中心にかかっている壁掛け時計は、時計の縁の部分しか見えないようになっていて、どこかの鏡越しか、または太陽が窓から部屋に差し込んだと […]…