0
Browsing Category

キオスクニネ(shop)

いつか娘でいなかった女性はこの世にひとりもいない

  2019-8-8分再投稿 このまえ、 「自分用に買ったにねの香りをお母さんがくんくん嗅いでるので 精油をプレゼントしたい」と、娘さんのほうから注文をもらった。   別で先日、にねの香りをかってくれた方は、ちょうど、お母さんの介護にはいるというときで、母と娘のbonding (つながり)を、とても楽しんでいる時期だった。   にね、を立ち上げた最初のコンセプト &n […]…

08/03/2020

愛される勇気のこと

ガチの無断掲載。元旦那さんの後ろ姿。ハドソン川脇にて。   この前、「愛される勇気」っていうのを書いた。 愛されることって、きっと、本当に勇気がいることなんだって。 誰もが愛されたいし、中にはデフォルトで「愛されてる」が前提な幸せな人もきっといるとおもう。   でも思うんだよ。 愛されて、愛して、失敗して、それで「愛すること」をやめてしまう人は多い。   でも、「愛さ […]…

08/02/2020

その哀しさのなかで。

夏特有の哀しさの中で、その虚しさのことを思うと、確かにいてもたってもいられないのはわかるんだよね。 わたしもずっと、そうだったから。 何をしていていても、矛盾を感じる葛藤だとか、やるせなさとか、最後まで自分の信念を貫いたはずなのに、もたらされる物足りなさだとか、虚しさだとか。 特にわたしは、ほとんど人から見て羨ましがられるものをたくさん持っていたから、これも経験してる、これもある、こんなに持ってる […]…

08/01/2020
命/からだ/生きること

結局

わたしたちは結局、愛や命にひれ伏すようにして、愛さなくてはいけないし、生きなければいけないのだと思う。…

07/28/2020

The past has just passed away

過去が、やさしく、過去へと吸い込まれていったとき 心底、心底の安堵で涙がでる。 それは、消して無くならないのに、過去にあったり、今にあったりする。    …

07/26/2020
ひとりごと

わたしが遺したいもの。

わたしが、子育てで、自分の子どもに遺せたらいいな。とおもう、唯一のこと。 それは、 この世界で、最も悲しくて、最も酷で、最も許しがたい、裏切りのようなできごとにあった時に、 たとえばだけれど、最愛のおかあさんを突然失うとか。 そのときに、明日から、 「それでも愛を信じられる」 「それでもひとを信じられる」 そんなひとになってもらえるように。ということです。   もしも、わたしが彼の目の前 […]…

07/23/2020
女神の告白室-the room Lilac

世界の底上げ

やっと生理がきたよ。イリナで浄化&感謝祭り。明日か明後日でとりあえず完了。 xxの学校で医療の勉強するんだけど、多分そこでADHDのこと習って、これわたしやん…って思ったと思うのね。 で、セルフチェックみたいなのやったら見事にグレーゾーンで。 診断は受けてないけど、あ、わたしそうなんや…って子どもの頃からの色々を思い出し、納得。 まぁ歳もとってきて、色々モウロクし出して、ADHDの要素もま […]…

06/20/2020