Browsing Category

命/生きること

命/生きること 女神の台所-食のはなし 音声/動画

なぜ、食べなければいけないか(朗読)

自分がやっていること、目を向けていることは色々なところにピースが散らばっており、 時々そこは網の目のように複雑になり どこに向かっているのかわからなくなる。 それはすごく後になってから、ピースとピースが繋がっていたことがわかったりする。 すると、結局向かっていた場所はひとつだったことがそこでやっと、理解できる。 すこし前に、物質世界へのとらえ方への、西洋観と東洋観の間の矛盾について どうしても自分 […]…

命/生きること 女神の台所-食のはなし 音声/動画

それが、生きること。

     からだを持って、この世界に生きる素晴らしさを、 あなたというたったひとつの魂とともに味わい尽くす旅。 食べることは、生きること。 生きることは、愛すること。 Eat, live and love. -nene table             瞬間、瞬間。 意味も、理由も、なくていい。   & […]…

命/生きること 女神の告白室-the room Lilac

不幸?しょうがない。

私の人生は不幸続き。 不幸しか起こらない。 拾えてないのかな? 何が駄目なのか? 生きてるのがつくづく嫌で、 死にたい。 もう一度 やり直さなくてはいけなくても いいから 死んでもしまいたいと思うようになった。 どうして空にかえれないのか? どうして私は、空からおりたのか?降りようと降りたいとおもったのか?       あ、間違えちゃった     […]…

命/生きること 本来のしくみ

生きるということ。

  2015/10月の記事編集・再投稿 失うものがなくなったとき、 ひとはだれでも強くなれるものです。 もし何か、「失う」ことが怖くて前に進めないのなら、 一度「ゼロ」になってみるといい。 そうすれば、これ以上、前に進めない理由など、 見つからなくなります。 病気や事故などで死にかけたことのあるひとたちに、 一切の「迷い」がないように見えるのは、 そういう理由からです。 死と隣り合わせの […]…

命/生きること 女神の台所-食のはなし

やりたくない=○

今日は料理教室だった。 一回やるごとに 剥き出しになる自分のエゴと弱さとふてぶてしさ。 生きることにこれほどまでかと抵抗し続けるわたしは、 誰よりもその生への執念を燃やしている。 執念深すぎて、潔く断ち切ってしまおうと安易に思うわけだ。 別に、生きたいとも死にたいとも思わない、 というのは少なくとも嘘。 料理教室なんぞやりたくない、 のとおなじなのだ。 それは化けの皮を剥がすと 死ぬほどやりたい、 […]…