Browsing Category

命/からだ/生きること

命/からだ/生きること

それは、最も健気で一途なもの

思考と心と体と、魂。 「身体ほど、健気なものはないからね」 そうやって、何度も伝えたと思う。 わたしたちのこころと、魂と、身体のなかで、身体ほど、健気で、一途で、わたしたちのために毎日毎日一生懸命いろんなことを伝えようとしてくれるものは、ほかにはない。 ガチガチに縮こまった肩をすくめて、眠り夢を見る。   怪我をして、もう二度とその部分が完治することが無い、ということを知り愕然と絶望の底 […]…

09/09/2020
命/からだ/生きること 癒し/スピリチュアル まめちしき

思考と心と体と、魂。

わたしがヨガを始めたのが、15年くらい前で、まだその頃は、都会に行けばおしゃれなヨガスタジオはあったにせよ、多分今一般的にエクササイズで皆がやってるよりは、流行っていなかったように思う。 ちょうど海外に逃亡しようと腹をくくった頃、わたしは自分が「望む生き方」を手に入れることだけをみていた。 その「望む生き方。」の中に、 「ぼんやり過ごす。」 というような、漠然とした目標があって、それはなんというか […]…

08/22/2020
命/からだ/生きること

結局

わたしたちは結局、愛や命にひれ伏すようにして、愛さなくてはいけないし、生きなければいけないのだと思う。…

07/28/2020
命/からだ/生きること

朝起きて、様子を見に行ったら昨日よりもうんと、うんと元気になっていた。 昨日ほとんど開いてなかった目が、両方とも開いていて、そんなに可愛げがある風ではない顔も、はっきりわかるまでになっていて、それはそれは可愛かった。 夜中に暴れるくらい元気になったようで、水もビシャビシャ飲んで、小ぶりの粒の、子猫用の餌をバリバリ食べていた。 注射器で0.5ml、薬を飲ませる。口の脇にそれをあてて、ゆっくり押し込む […]…

07/28/2020
命/からだ/生きること 女神の台所-食のはなし

空に還る前に、食べる?

(2018年夏記事編集済) 大好きな映画に千と千尋の神隠しがあります。 食べ物のシーンがリアルで有名なジブリだけど、知らない世界に紛れ込み、不安でいっぱいだった瞬間に号泣しながらおにぎりを食べるシーンは 何度見ても泣けるう。 そしてもうひとつ、とても重要なシーンが、 主人公のちひろの身体が消えてなくなりそうになった時。     神さまのこはくが、 「この世界のものを食べないと消 […]…

06/27/2020
命/からだ/生きること

爪のこと

ものをかくときも、料理をするときも、なにかをつくるときも、誰かを抱きしめるときも、 爪は綺麗に整って短いほうがいいと思う。   外国にいく前のこと、ずっと前のことだけど、いま美容院に通うくらい頻繁に、ネイルサロンに通っていた。 それは、すごく豊かであることの象徴のように思っていたとおもう。   外国に住んで、その概念はガラッと一新して、ニューヨークで暮らしてからそれは確たる別の […]…

06/24/2020
命/からだ/生きること 癒し/スピリチュアル まめちしき

癒しという目に見えないもの

  おやつとお茶の時間をこよなく愛してるセラピストの松永まいです。 ところで、おやつとかお茶とは違って 愛とか癒しとか感謝といった類のものは、実態のないものです。   ときどき使う言葉ですが、3次元と高次元(4、5次元)について。 3次元というのは、物質や目に見える世界のことをさします。それで、おやつとかお茶は3次元(物質的なもの)であるのに対して、おやつとかお茶を飲んでこころ […]…

12/05/2019