Browsing Category

この場所について。

この場所について。

凄い仕事

癒しはいつも、そこに平等にある       春にセッションをうけていただいて、半年ぶりくらいにお話ししたクライアントさんに 「そういう、仕事だったんですね。あの時は、なにもわかっていませんでした。 やっとわかりました。凄い仕事ですね」   とそう言われて、まだまだセラピストとしてのこの仕事は、どんな内容か全然わかってもらうのがとても難しいんだなあとあらためて […]…

この場所について。

癒しはいつも、そこに平等にある

2017-11-10分再投稿(編集済) わたしがこの仕事こころから信じてやめないいくつかの理由のそのうちのひとつとして、 ひとの心というのは、 丁寧に 手をかけて そして正しい方法で   慈しみながら取り組んだら 必ず、結果が出て 必ず、楽になり、 必ず、ひとは変化をする ということが   全てのひとに 平等に与えられているということにあると思います。     […]…

この場所について。 ご感想/コメント

自分で自分を見つけるまで☺️

2016年2月分再投稿(編集済)     私、人が大嫌いなのです。人っていつも表裏あって、信用できない。 人に会うのも嫌いです。 でも、自分が一番嫌いなんです。 自分の心のうちも悩みも誰にも話したことないです。 まいさんのブログを読んでいると泣いてる自分がいます。 まいさんみたいになりたいなって思います。 まいさんは、わかってくれるかも。 私から、逃げないでいてくれるかもって思 […]…

この場所について。

All is good.

2016年5月分再投稿   なにも、言わなくていい。 だれにも、応えなくていい。 死にたくて、いい。 死にたいなんて考えているダメな自分で、そのままでいい。 だれかを、幸せになんてしなくていい。 ありのままの自分が受け入れられなくて、いい。 だれかを見下したっていいし、悪口を言ったっていいし、 ばかにしたっていいし、汚れた存在だっていいし、 そんな風に自分のことを感じたっていい。 いつま […]…

この場所について。 ひとりごと

それは。

  誰かが、必死で許しを請おうとするときに 全力で、それを肯定したくなる。 誰にも咎められていないときに、たったひとりの自分だけが 自分を罰し続けることを たくさん たくさん見てきて   最初から、あなたは許されてるんだよ もう自分で自分のこと許していいんだよって 何百回でも。     それでももし 自分のことがどうしても許せないのは、 あなたが優しいからだ […]…

この場所について。 セッションの情報

どうせ癒すならかっこよくね

Maiです。 人が癒されて行く道筋というのは、人の数だけあって。   「こちらの安全な道を案内していますよ。」 というそれぞれの道が、ある意味セラピストの数だけあるとも言える。   一般的にはそのやり方に合うクライアントさんが来るものだけど、 わたしの方針はちょっと異質で、決まったルートを用意してないです。   その人を見てヒーリング、セラピー、浄化方法など癒し方を決 […]…

この場所について。 松永について

あなたの小さな1センチの段差を上るとき

2017-02-18  セラピストとしてわたしが大事にしていることです。   どんな小さな階段でも、すいすい上っていけるひともいれば、そうじゃないひともいます。 たった1センチの段差だって、越えることが怖くて怖くて仕方なくて、 何ヶ月もその段差の前で恐怖と戦ったあと 本当に勇気を振り絞って、本当に勇気を振り絞ってその1センチを 震えながら登れたら それは、どこまでも祝福すべきことだとわた […]…