0
ひとりごと 子育て

未来

05/23/2020

なんていうか、自分らの幸せも本当大事で、だからこんなにもひっくり返って大騒ぎして、幸せになろうと頑張るけど。でも、老人がまもなく死んでいくように、私たちもまもなく死ぬじゃない。

でも子供たちはまだ未来がある。

もちろん私たちにも未来はあるけれど、それは折り返し地点にあって、今できることといえば、まだ汚される前の、傷つく前の、純粋な存在をどれだけ守ってあげられて、どれだけ正しい方向に導いてあげられるか?

そんなところだと思うんだよね。

どこへ向かうかは自分が決めるものだし、子どもは子ども自身の選択で自分の行くべき道を選ぶと思う。

それでも、ものごとの理(ことわり)や、本当の愛のことを教えて見せてあげられる大人が近くにいるか?

それとも、世界には所詮期待なんてしちゃダメ、結局は妥協して我慢して嫌なことをしなきゃいけないんだから

と、不満をもらす大人といるかじゃ、選択はまるで違ってくると思う。

自分のことなんてどうでもよくて、子供ばっかり可愛がるのが愛じゃなくて、

子供たちの未来を守るために、今わたしたちが変わる選択をしたり、癒しを選んだり、愛を学ばなきゃ。

つまるところはそういうことだと思うんだよ。

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply