0
この場所について。 しごとの備忘録

All is good. のこと

05/18/2020

All is good.

「大丈夫。」

そういう意味あいをもって、すべての癒しのプロセスをぎゅっと手を握りしめて見守るようなときに使わせてもらっていることば。

キオスクにねで扱っている、11種類の香りの1個目の名前でもあって、まさに全てのはじまりにふさわしい言葉でもある。

All is good. オールイズグッド – 大丈夫 –

癒しのプロセスの中で、いろいろな際どい意識の状態を表す言葉のなかでも、もっとも「どん底」とよぶにふさわしい「絶望」に寄り添う言葉として、励ましたり、希望を押しつけたり、何かをゆがめようとするのではなく

ただ、それでいい、ただそのままで大丈夫なのだということを

知って欲しくて、わたしはこの仕事をしているようなものだと思う。

 

エフィアスをはじめ、他の全てのキャッチコピーがわたしの人生やら愛やらのコンセプトだとしたら、All is goodは、「セラピストとしての自分の原点」をひとことで表したような言葉。

それははじまりであり、終わりであり、絶望であり、唯一の希望であり、暗闇であり、灯りであり、愛そのものであり、まさに全てのこと。

癒しや変化は、「受け入れる」ことから始まる。

何かに抵抗するでなく、ただ「受け入れる」という難しさのことや、大切さや、そのシンプルさのことを日々伝えているけれど、みなさんが、節目節目でとても大きな山をのぼる佳境の、最も刻な場面にて、わたしはうなづきながら

「All is good.」とこころのなかで唱えている。

 

 

それは、こころからの自分が持てる「信頼」が詰まった感覚で、わたしは何かをしようとはしない。

そこをくぐりぬけることは誰にでも可能だということをわたしは知っていて、ただじっと、待ち、見守り、信頼する。

 

(All is good.のすばらしいところは、それがたとえ失敗に終わったり、不可能だったとしても、それも含めて、必要なできごとで、大丈夫であるということである.)

 

 

それでも、その「絶望、それでいい」は、やみくもに手放しに、なんでもアリだよ、と無法地帯を許すAll is good.ではなくて、

ある種の「正しさ」、決してブレない真実へ向かうときの、一点のような厳しさが含まれている。

なんでもいいことは愛じゃない。

そのことをたびたび人は誤解するし、そうか、これでいいんだ、と優しさや愛と履き違えることでどこにもいけないことも出てくる。

 

わたしのセラピストとしてのひとつのミッションは、「それでいい、そのままでいい、」という、今この瞬間の絶望を全てくまなく受け入れて許し、肯定して愛することに始まり、

一刻も早くその場所から浮き上がるための確かな命綱のようなものを垂らすこと。

 

All is goodにはそんなわけで、生きとしいけるものが幸せでありますように、

という昔からいつも思っていた願いがこもっているとともに、

ただそれでいい x 変わる・変える

 

の掛け合わせでできている。

すべてのはじまりであり、終わりであり、点と線を繋ぐ、魔法の言葉。

すべての人生のその上に、いつも「大丈夫」が寄り添いながら、癒しと愛をグルグルグルと巡り上がってゆきますように。

 

 

 

 

ちなみに、”All is good.”  という言い回しが、ネイティブ的に正しいのか実は謎なんだけど、そのフレーズをはじめて聞いてからそのあとの自分の人生を支える言葉になるとはそのときは思っていなくて、それをはじめて聞いた話はまた今度。

 

 

 

カウンセリングセラピーも、キオスクにねの商品やら香りの製作なども、みなさんの癒しの旅をスムーズにお手伝いさせていただく上で

上のようなことを大体思いながら、やらせていただいています。

 

ぜひ自分の魂の旅をいよいよ扉を開いていこうかなというとき、足を踏み入れたはいいけれど、路頭に迷いがちなときも、一度 Ephias の松永まいのことを思い出してみてください。

 

そこは、All is goodな場所。

 

これまでアクアエスリスという屋号で活動させていただいていますが、サイト移行後はエフィアスで統合という感じになると思います。

とくに中身は変わらないので、ひきつづきみなさまの癒しの旅のお手伝いをさせていただけたら幸せです。

 

 

個人セッションの受付はZoomズームまたは愛知の自宅にて随時受付中です。

ぼちぼち通常営業の世間ですが、揺らいだ期間の整理にもぜひお問い合わせお待ちしてます。

受付可能日などはカレンダーからか、こちらのメニューページにてご確認&おといあわせよろしくおねがいします。

いつも、ありがとう🙏

 

 

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply