0
子育て

ダメな母親で良い、と思わないでいい

05/15/2020

自分は母親として失格だとか、こんなことをしてしまった、とか。こどもと一緒にすごしていて、自分を否定したいきもちになるのは、自己否定のネガティブなものじゃなくて、それだけお母さんとしての愛が自分のなかにあるからなんだよね。

だからそういうときは、殺したくなるような自分を感じていくときに、わたしはだめだ、だめだ、こどもをまた傷つけてしまった、

と感じていくと同時に、それくらい愛してる、

それくらい、あなた(あなたたち)のことがたいせつで、しあわせになってほしい、自分がじゃまだって思えるくらいに、愛してるの

と強い強い愛を一緒に感じてみてね。

 

その愛は、すべての原動力へと変わっていきます。

 

自分を癒すこと、変わること、もういちど愛を取り戻すためのすべてに。

 

辛い気持ちの時に、変に自分を許すとか思わないで。

ダメな自分→このままでいい、わたし大丈夫

愛が行き渡ってない部分→そのまま癒される必要があるところに痛みが残る

 

ということになってしまって、表面的には自分の価値をなんとか守れる対処療法にはなるけれど、根本的には変わりません。

 

 

わたしたちはいつも不完全で、でも、それにひらきなおっちゃいけない。

ダメな母親上等!万歳!ってなんとか無理やり自分の存在を肯定したくなるけれど、そんなことする必要はどこにもなくて。

でも、不完全で失敗する自分を、否定したり責める必要もどこにもない。

 

 

ダメな親だと自分のことを感じるくらいに、ただこどものことを愛してる。だから、いっしょうけんめい変わろうとしながら、自分のベストを尽くすだけでよい。

 

 

 

ただ、失敗もする。でも愛もある。

こどもはこどもで、傷つくし、でも愛をもらうし、

だからずっとそれをより愛で満たしていけるようにお互い成長すればいいだけだから。

 

 

 

マイボーイ、という香りが「おかあさんの愛」というテーマで、作ってあります。

 

こどもを愛してる

じぶんは良い母親だ

 

 

そこにしがみついていませんか?

 

わたしたちは、こどもを愛してるし、ダメな母親でも、別にいいんだよ。最初から。

そうやって思えないと、自分をごまかすことになるから。

 

ぜひマイボーイも常備して、一生懸命おかあさん業やりましょう。

 

わたしたちは、母である前に、自分。
そんな自分が、よい母でいたいのは、ただこどもを愛してるから。

母の日は終わったけど、それはまだ毎日つづくしね。

 

 

 

 

 

My boy -マイボーイ”子供と一緒に”

 

 

You Might Also Like

No Comments

Leave a Reply