実用-practical 癒し/スピリチュアル まめちしき

許しとは、自分が広がること

どうしてもこれだけは許せないんだ、

絶対に受け入れることができない出来事、

いろいろあると思うんだけど

 

それをほんとの意味で解放すると決めた時って

 

なんていうか、

その相手を死にものぐるいで許すとか、

その相手に全力の愛を注ぐとか、

 

そういう感じじゃなくてね

 

もうすこし、自分を超える感覚に近いんだ。

 

それは、絶対に絶対に超えられなかった自分のリミットを

超えるという感じ。

 

相手の言ったこととか、

相手が何をしてどう裏切ったかとか、

どんなひどいやりかたで自分を傷つけたとか、

 

そこってほとんど関係ないのね。

 

 

 

なぜなら、

絶対に許せない

絶対に受け入れられない

と感じる、根っこには

 

「自分の方」になにか、

とてつもない大事な

守りたいものがあるからなの。

 

つまり言い換えると、

それを許したり受け入れたりしたら

嫌いな相手がむかつくとかそういうことではなくて、

 

許すことや受け入れることが

イコール、自分の尊厳を傷つけることになったりとか、

許したらまた同じことが繰り返されるんじゃないかとか、

そっちに繋がっているからなのです。

 

 

だから、どうしてもどうしても許せないことを

許す、というのは

 

相手関係なく

 

自分の尊厳は決して傷つけられることはないんだ、とか

自分はこの先ぜったいに、二度とあんな辛い思いをすることは起こらない、

常に守られているんだ、

といような安心感とか

 

別の形で自分を取り戻すことができると

 

 

頑なに握りしめていた、辛い許せないことというのは

自然と、許されてゆく。

 

そのことを、癒しと呼ぶ。

 

 

 

 

You Might Also Like

No Comments

    Leave a Reply