Follow Me

Close
By

わたしが20代から影響を受けてきているセラピストにチャックスペザーノというハワイの心理学者の方がいて、最近はだいぶ自分の中に落とし込まれてきた感じもあって

あんまり本を読んだりしてないんですが

20代の頃はそれはもう、なにかあるたびに

傷つくならばそれは愛ではない

のページをめくり続けました。

 

 

めくり続けたのはいいんだけど、ほとんど何が書いてあるのか

理解できなかった当時。

読んでも読んでも読んでも、

頭では理解できたけど実生活で腹に落とし込まれていなかったので

できなくても、できなくても読み続けた(笑)

 

 

 

 

それから10年以上が経って、やっとだいぶそこに書いてある内容が

わかるようになったよなあと思う今日この頃。

(だから開かなくてもいい)

 

 

 

 

当時はセラピストになろうなどとは思っていなくて、

自分の生きづらさとか苦しさをなんとか取り除こうと必死だったので

これが色々癒されて、

 

ほんとうの自分

 

 

みたいなものが顔を出したら、自分は一体何をやってるんだろう?

ってその時はよく思いました。

 

今も時々、クライアントさんとかが私が紹介するのをみて本を読んでくださるんだけど、

結構難しくてわかりづらかったり、翻訳の難しさもあって何が書いてあるかわからなかったりすることも多いので、

興味があるかたは読んでみるといいと思います。

 

わからなければ質問くださったら解説します〜!

 

 

 

 

 

 

15年にセラピストとして活動をはじめてから一番影響を受けたのは心身調律セラピストの岡田哲也氏です。

チャックスペーザーノを氏と仰いでいたのとはまた違って、

最初に岡田氏の存在を知ったときに「この人のようになりたい」とかではなく

 

 

なんだ・・・自分をみているようだ・・・・

というくらい、自分と在り方が似ていて衝撃を受けたので

当時、彼のブログを読み漁ったあと、「感情の解放」というのを

体に叩き込みました。

 

当時は、わたしが岡田哲也氏を追っかけていたので、

「岡田さんのことを愛してるんですね」とよく言われたり、彼氏に振られれば

「岡田さんどうですか」と全然関係ないひとに勧められたり(笑)

 

自分の師からは、延々

 

「早く自分を確率して、岡田さん。」

 

 

と3年以上言われ続け、今に至るんだけど、

タイプじゃなさすぎる

のと、

 

もうひとつ、

 

 

最近わたしは岡田哲也のどこがいいんだろうなあ。

と考えたときに、

 

わたしにこれっぽっちも興味がない

(岡田哲也もわたしのことがタイプじゃなさすぎる)

 

 

てところがいいんだと気づいて

なんかスッキリしました。

 

2015年の当時、わたしの顔をみて

「コイツは、俺に似てるんだよ・・・」とすごくいやそうな顔をしてた岡田氏ですが、

去年、3年ぶりくらいに

「ご無沙汰してます」と会ったとき、

 

リアルに

 

「お前誰だっけ」

 

って感じだった哲也氏(笑)←わたしは病み上がりだったしw

 

 

 

 

 

 

もうなんか、素敵な彼氏とラブラブ絶頂なときとか、岡田哲也の存在とか

これっぽっちも忘れているときに

 

ずっっと上から(高次元とか師とか関係ないひとから)言われて、

毎回チーンてなってたわたしですが

 

ある意味わたしも、岡田哲也が好きとか好きじゃないとかいう

次元でいるわけじゃないので

 

久々に会って第一声

 

お前は、暗いよな・・・・・

とドン引きされたときも、

 

 

 

お前には興味がない

と面と向かって言われたときも、一瞬荒れて

「ギャーーーー」ってなったけど、

 

すげーその通りだわあ。

 

って思って、今に至る。(笑)

 

 

 

わたしは岡田さんのことは尊敬してるけど、本は読んでなくて、

もうじき読もうかなあと思ってるところです。

 

 

自分の本当の声を取り戻すとか、

抑圧が長くて「ほんとうにやりたいこと」がわからない、

感情をそのまま感じていく練習をしてみたい

 

 

という方にはおすすめです。

 

 

だいたい私が伝えたいと感じていることを、

そのまま岡田氏が発信してくださっているので

(説明が硬くて何が書いてあるのか理解できない時はあれども)

 

すごくありがたいなあと思っていまだに一方的に慕ってます。

 

 

 

最近岡田さん自身が、原点に戻ってるような感じの発信が多くて

当時の自分を思い出したり、

 

誰かと色々やってる岡田氏じゃない、

ピンの「岡田哲也」色がすこし強くて安心するので

 

自分を丁寧に振り返ってみたい方はフォローするといいと思います。

 

 

顔が犯罪者にしか見えないことと、なぜか髪の毛が生えてないことと、

 

わたしのようなキュートさはないけど、中身は子煩悩なわたしとおんなじ感じです。

 

いつになるのか謎だけど、そのうち岡田氏と一緒にセラピストができるように、がんばろう。

 

 

 

View this post on Instagram

『ほんとは他にも好きな人がいるの。』 『ほんとは子どもと土日いたくないの。』 『ほんとは料理作るの嫌いなの。』 っていう、 ほんとの本音を伝えるのは あなたにとっても相手にとっても めちゃくちゃ大切なこと。 それを聞いた相手が ショックを受けたり、 怒ってくるのは、 『しゃーない』よ。 相手には 相手の価値観があるからさ。 相手がどんな反応だったとしても それは相手の担当なんでさ、 あなたが望むようなリアクションを しなかったとしても、 それは相手を責める所では無いのよ。 でもそういう、 『私はこう感じてる。こうしたい。』という 主語が自分である 【アイ メッセージ】を伝えることと、 『あんたマジで使えないね!』 『誰のおかげで飯食えてると思ってんだ!』 という 【相手を否定する言葉】とは 全く違うものだからね。 人格否定するような言葉を 魂の声だとか本音の声だとか言って ぶつけられたことがある人、 そして、 それを受け入れていたあなたに とにかく伝えておきたいこと。 それは、 『やっぱり無し!!!』 と、 【否定されたことを受け入れたこと】 を、きっちり 自分の中で取り消しておくこと。 『お前には価値が無いんだ!』を 両親、教師、パートナーなどから 言われたことがあり、 それを受け入れざるを得なかった人は、 『私は絶対価値がある!』を 自分の中でインストールし直すこと。 そうして自意識を戻していった先に、 『価値があっても無くても どっちでもオッケー!』に たどり着いて行くからね。 #岡田哲也 #感情の解放 #アダルトチルドレンの癒し #アイメッセージ #伝え方 #無価値観 #自己否定解除 #自己否定撲滅運動 #モラハラ被害者 #モラハラ

A post shared by 哲也 岡田 (@tetsuyaokada) on

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 2019年1月18日
  • By

長いエッセイを書くにあたって、昔は時系列に追っていくことでしか うまく最後まで行けなかったのと、ノンストップじゃないとほとんど書けなかったことがあったんだけど、 今回あらためて、別のかたちで初めてそれをやってみようとスタ […]

  • 2019年1月15日
  • By

  その人を、愛して、大好きで、大切だと感じた そのきもちを大切にしなさい。   どんなに辛い結末も、残酷な言葉も、信じられないような嘘も、 悲しくてたまらない出来事も、   誰もあなたのこ […]

  • 2019年1月15日
  • By